お金借りるにあたって銀行は総量規制対象外、消費者金融は対象は本当?

 

消費者金融であっても、おまとめローンは総量規制対象外

 

 

お金借りるにあたっては、銀行なら総量規制対象外、消費者金融や信販会社は総量規制の対象になる、と思っている人は多いでしょう。
これは半分正しく、半分間違っています。
銀行は貸金業者ではありませんから、確かに総量規制対象外です。
しかし、消費者金融であっても、おまとめローンであれば、年収の3分の1を超えてお金借りることができます。
借金の一本化を目的としたおまとめローンを扱っている消費者金融もありますので、多重債務に苦しんでいる人は、検討する余地があるでしょう。
おまとめローンといえば、低金利の銀行カードローンがよく知られていますが、ほかの選択肢があることを知っておいて損はありません。
そもそもなぜ総量規制によって借入に上限が設けられたのかといえば、個人消費者の借り過ぎを防止する目的です。
消費者金融のイメージは昔と比べて随分と良くなり、気軽に利用する人が増えました。
総量規制が行われる前は、主婦や社会人ホヤホヤの若者が何十万円も借入ができるといった状況が珍しくなく、その結果自己破産などをする人が急増しました。
借り過ぎを防ぐ、つまり消費者を守るために導入された規制ですから、消費者に有利なおまとめローンは、たとえ消費者金融が扱うものでも、規制の対象にはなりません。

 

 

多重債務者にとって、銀行のおまとめローンの審査は甘くない

 

 

しかし、たとえ総量規制対象外のおまとめローンだとしても、どうせお金借りるなら低金利の銀行融資が良い、と考える人は多いでしょう。
もちろんその考えは間違っていません。
低金利で借りられるのであれば、それに越したことはないでしょう。
問題は、多重債務者がなかなか銀行のおまとめローンの審査に通らない、ということです。
なぜ銀行の融資は総量規制対象外なのか、考えてみれば分かります。
消費者の借り過ぎを防ぐため、ということですが、銀行は規制などしなくても返済能力を超えるほど多くの融資をしません。
優良な顧客だけを獲得するため、審査基準も消費者金融のそれに比べると厳しい傾向があります。
多重債務で既に返済が滞っている人はもちろんのこと、曲がりなりにも遅れず返済している人に対しても、審査の手を緩めません。
融資を実行するとしても、借金の一本化には程遠い少額の融資にとどまることも珍しくありません。
借入金額が大きいほど金利が低くなる傾向がありますから、おまとめローンは可能な人にとっては大変有効な負担軽減方法です。
しかし、審査に通らなければ絵に描いた餅です。
収入が多く、充分に返済能力があるにも関わらず、収入の3分の1しか借入ができなくて困っている人は、総量規制対象外の銀行カードローンがおすすめです。
しかし、銀行のおまとめローンの審査に通らなくて困っている人は、消費者金融のおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


お金借りるにあたって銀行は総量規制対象外、消費者金融は対象は本当?