学生でも銀行カードローンを利用することは可能なのか

 

学生でも銀行カードローンを利用することは可能でしょうか。
銀行カードローンに申し込む条件としては、普通は正社員で年収も200万円以上という場合が多いです。
でも実は学生でも利用できる銀行カードローンもあります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンや東京スター銀行カードローンなどは学生でも申込みできます。
一般的に消費者金融のキャッシングの場合だと、学生でも比較的利用できますが、銀行だと簡単には借りれないイメージがありました。
でも最近は学生も利用できる銀行が増えています。

 

学生が銀行でお金を借り入れするメリットの1つは何といっても社会的信頼性の高さです。
銀行なら学生でも安心して利用できます。ただ銀行によって学生が利用できる限度額にはかなり差があります。
例えばある銀行では限度額10万円で、また他では限度額500万円という銀行もあります。
とても大きな開きがありますが、学生本人の用途に応じて選択する必要があるでしょう。
限度額が多い場合には学費や生活費として幅広く利用できます。ある意味では奨学金に準ずる利用も可能です。
但し高額な分、審査条件もかなり厳しくなるので、気軽に借り入れした学生には向いていないかも知れません。
一方で小額の限度額の場合なら学生も審査に通りやすくて、気軽に利用することができます。

 

学生のためのカードローンその名は学生ローン

カードローンとは銀行もしくは協同組織金融機関が発行するカードを利用するローンのことを指します。
カードローンは無担保でお金を借りることになるので多種のローンよりも審査の基準が厳しくなっています。
社会人でも審査に合格するのは大変であり、学生がカードローンに合格するのはほぼ不可能だと思われがちですが学生でも学生ローンでは合格できる可能性は十分にあります。

 

ただし学生ローンに入るためには20歳以上であるのと一定の収入があるという条件があります。
親からの仕送りは収入には含まれないので安定した収入を得るにはアルバイトをすると良いでしょう。
ローンの審査方法は多くの場合は電話で行っています。申し込みをした際に、指定した時間帯に学生ローン業者から入力した電話番号に電話がかかって来ます。
アルバイトの内容や収入についてや、利用目的や、返済についてなど確認され、学生ローンを利用に適しているとみなされると審査に合格します。

 

審査に合格するとお金を借りることができますが、カードローンとは違い借り入れ方法は銀行振り込みのみとなっています。
学生ローンを利用したことが実家に連絡されることはほとんどなく何かトラブルが起きても全て自分の力で解決しなければなりません。
お金を借りることはその分リスクを伴うので、学生ローンを利用する際には無理なく返済できるように慎重に考えるようにしましょう。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

学生,銀行カードローン

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


学生でも銀行カードローンを利用することは可能なのか