じぶん銀行のカードローンは総量規制対象外!気になった際は金融庁HPで調べよう!

 

消費者にとって、総量規制対象外のカードローンと規制対象のカードローンを見分けることが非常に難しいと考えます。
一般的に総量規制対象外のカードローンは、銀行が提供する商材であり、総量規制対象は消費者金融やクレジットカード会社のローンとなります。

 

しかし、近年は銀行の統廃合や業務提携および共同出資により、今まで名前を耳にしたことの無い銀行があります。
その中に、じぶん銀行も含まれ平成24年にKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したインターネット銀行となります。

 

やはり、消費者にとっては地元に定着した地方銀行が身近であり、大手メガバンクやインターネット銀行よりも利用する機会が増えます。

 

特に給与振込口座や住宅ローン、教育ローンなどの借入先として利用されるため新規参入のインターネット銀行を認識していない可能性があります。
特に多くの消費者は、消費者金融全盛の時代を経験しており、自分の知らないまたは友人・知人も知らない銀行は敬遠します。

 

そのため、じぶん銀行は総量規制対象外のカードローンを提供しているといった認知度が低く、インターネットの広告バーナーなどでしか見る機会がないため、なかなか契約を検討する商材として選択に含まれなくなります。

 

実際には、銀行法が適用される銀行となっています。
じぶん銀行を含め、カードローンを契約する際は金融庁のホームページを活用することが大変重要となります。

 

ちなみに、じぶん銀行はKDDIが出資しているため、auユーザーであれば、お得なプランもあります。

 

じぶん銀行のカードローンの審査時間は最短で1時間!審査中は窓口で待つ必要なし!

 

じぶん銀行のカードローンですが、審査時間は最短で1時間と非常に短いのが魅力です。
特にこの審査については、Web完結による審査申し込みであれば、銀行窓口で審査結果を待つという時間が無くなります。

 

そもそも、銀行窓口や無人契約機で契約・審査を行った際、結果が出るまで待つ必要があり、この時間は非常に無駄な時間とも言えます。

 

しかし、じぶん銀行の審査時間は短い上、メールや電話で結果を聞くことが出来るため、時間を無駄にすることが無くなります。

 

例えば、カードローンの審査申し込みの為だけに、勤務先へ有給休暇を申請した挙句、ただ待たされるだけの時間は非生産的かつ精神的にも損失が出ます。

 

たった1時間の審査時間ですが、日常生活において2時間もあれば、一通りの家事が出来ますし、わざわざ有給取得をするのであれば、リフレッシュ休暇とする方が良いです。
そのため、自分銀行のカードローンの審査時間については、ただ短時間であることだけでなく、様々なメリットを生むこととなります。

 

また、審査結果が出次第、契約完了までに要する時間が最短で3時間となり、契約申込者は必要事項をパソコンやスマートフォンから登録するだけで終了です。

 

さらに、審査時間としては24時間の申し込みを行っていることから、翌日に審査結果と契約完了という方法もあり、時間の無駄が無い点で非常におすすめです。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


じぶん銀行のカードローンは総量規制対象外!気になった際は金融庁HPで調べよう!