『お金借りる』とインターネット検索をした場合、総量規制対象外が勧められる理由は?

 

総量規制対象外のカードローンを契約する際にやってはいけないこととは?

 

今では、『お金借りる』とインターネットを検索すると銀行系カードローンから消費者金融系カードローン、そしてクレジットカード会社や信販系カード会社のローンと様々な金融商材が展開されています。
そこで、契約を検討する方が総量規制対象外のカードローンを最初に契約申し込みすることが優先されることとなります。
インターネット上の情報は様々であり、不確定な情報や口コミすなわち体験談といった個人的主観かつ個別的な申し込み時の条件があり、全ての申込者に当て嵌まるかというと、数十人や百数十人のレベルでは統計的に信頼性の少ないものとなります。
しかし、確実に言えることはカードローンの申し込みが『お金借りる』といった目的に該当するのであれば、将来性や確実性を考慮し、銀行系カードローンを選択するのが最優先されることとなります。
銀行系カードローンは、貸金業法で規制される総量規制すなわち年収の1/3以下の融資に該当しません。
そのため、融資限度も消費者金融系カードローンなどと比べ、銀行系カードローンは高くなり、金利も安いといったメリットがあります。
そして、何故に銀行系が最初となるかは保証会社の審査があり、保証会社が照会する与信情報は銀行が利用する個人信用情報信用機関と異なる場合や消費者金融が行う別事業だったりします。
そのため、総量規制対象外の銀行系カードローンの申し込み前に消費者金融系カードローンの契約申し込みは審査合格率や融資金額を下げるものとなります。

 

そもそも、総量規制対象外と規制されるローンの違いは?

 

そもそも、総量規制対象外と規制されるローンの違いは?
さて、カードローンを申し込む消費者にとっては、どうして総量規制対象外と対象になるカードローンが存在するのか疑問です。
そもそも、総量規制とは貸金業法で年収の1/3以下の融資までとされています。
一方、銀行の場合は貸金業法ではなく、銀行法が適用されています。
先ず、簡単に考えると銀行は住宅ローンやマイカーローンなど高額な融資を行うことができます。
実際には、住宅や自動車は年収の1/3以下で購入することが出来ないことは多くの方は理解しているはずです。
つまり、銀行は独自の審査基準により、融資可否を判断できることや万が一の場合に差し押さえ可能な担保として住宅や自動車が物理的に存在するため、一定の融資額が回数可能となります。
一方で、消費者金融は過去に多くの債務整理者を発生させたことやグレーゾーン金利の原因となっているため、過度な貸付を防ぐために貸金業法が改正され、総量規制が生まれることとなりました。
今では、『お金借りる』=『銀行』が当たり前になりつつあり、バブル崩壊後の消費者金融全盛時代とは正反対の状況となっています。
契約を検討する人は、『銀行法』と『貸金業法』の大まかな違いを理解しているだけでカードローンの契約が大きく異なります。

 

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


『お金借りる』とインターネット検索をした場合、総量規制対象外が勧められる理由は?