金融機関からの教育ローンは総量規制対象外なので融資可能です

 

総量規制で教育ローンを諦める必要はありません

 

2010年貸金業法の改正により、個人がお金を借りる際に総量規制という制限が設けられました。
法律によって個人に過度の貸付が行われないように、総量規制という年収の3分の1までしかお金を借りる事しかできないというルールが設定されたのです。
これによって例えば年収300万円の人は100万円までしか借りられないという事になりました。

 

この総量規制によって、年収の3分の1までしか借りられないとするならば、家を建てるときや子供が私立に行ったり、大学に進学した場合、既に年収の3分の1まで借り入れを行っている人はその費用を借りることはできないのでしょうか?

 

実は総量規制の対象になるローンと対象外のローンがあって、教育ローンについては総量規制にひっかかった人でも融資を申し込むことができます。

 

なぜ教育ローンは申し込めるのか、総量規制の制度の中身について少し説明します。
総量規制の対象となるローンは、消費者金融・信販会社・クレジット会社の様な貸金業者からの貸付を対象としています。
つまり、銀行や信用金庫の様な金融機関は総量規制対象外なので、総量規制にひっかかった人でも銀行や信用金庫から教育ローンの融資を受けることは可能です。

 

貸金業者に借りていた場合でも諦めなくても大丈夫

 

総量規制にひっかかった人でも銀行や信用金庫へ教育ローンの申込は可能ですが、ローンの審査には影響があるかもしれません。

 

銀行や信用金庫も貸倒が発生しないように、過剰貸付にならないように審査を行いますから、その際に信用情報を調べられ、借入状況を銀行に把握される可能性は高いと考えられます。
もちろんその際に総量規制にひっかかっている事が判明すれば、融資に関して不利になります。

 

だからといって、貸金業者からの借入が年収の3分の1を超えていても教育ローンを諦める必要はありません。
貸金業者から融資を受けていたとしても総量規制対象外のローンがありますので、そのローンを差し引いて計算すれば、実は総量規制にひっかかっていない可能性もあります。

 

代表的な例外のローンは、住宅ローンや自動車のローンです。
住宅については、土地の購入費や着工金などのつなぎ融資についても同様に総量規制対象外です。
また、有価証券や不動産を担保にした貸付などローンに対して担保がある場合は同じく総量規制対象外となります。

 

総量規制に引っかかっていれば、教育ローンの融資に不利に働くことが考えられますが、よく貸金業者に借りたとしてもよく借りるタイプのローンは総量規制の対象外のケースになっている事が多いのであきらめずに申し込むべきです。

 

関連ページ

消費者金融からお金を借りると必ず総量規制の対象になるのか?
学生でも銀行カードローンを利用することは可能なのか
総量規制対象外となる借り入れには何がある?
総量規制対象外の銀行カードローンなら、どうしてもそれでは足りない場面でも借入が可能です。おすすめの銀行カードローンと即日可能?審査は?など気になる疑問も全て解決します!
銀行カードローンは希望融資額によって収入証明書不要!?
専業主婦でも申込みが可能な総量規制対象外の楽天銀行カードローン
総量規制対象外の銀行カードローンなら、どうしてもそれでは足りない場面でも借入が可能です。おすすめの銀行カードローンと即日可能?審査は?など気になる疑問も全て解決します!
審査に通れば金利負担が減らせる可能性大、総量規制対象外のカードローン
収入面に不安や他社の借り入れがある方も申込み可能な総量規制対象外の銀行系ローン
銀行系カードローンは総量規制対象外だけれども…保証会社に注意する必要がある。
消費者金融のカードローンをおまとめローンとして利用。 総量規制は大丈夫?
総量規制対象外のカードローンはそのぶん審査が大変?
総量規制対象外のカードローンは年収の3分の1以上借りることができるという反面、審査に関しては厳しいと思われがちです。実際どうなのかを解説します。
クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外!でも、キャッシング枠は…
クレジットカードも貸金業法に入ってきます。ショッピング枠は総量規制対象外で年収の3分の1以上買い物できますが、キャッシング枠に関してはそうは行かないのです。
総量規制対象外が適応されるものとは?借り入れの理由によります。
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
お金借りるにあたって銀行は総量規制対象外、消費者金融は対象は本当?
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
「ろうきん」のカードローンは、総量規制対象外?ろうきんカードローンの特徴とは?
ろうきんでも個人向けカードローンがあることをご存知でしょうか?銀行と同じく総量規制対象外のろうきんローンの特徴について解説します。
銀行系カードローンは総量規制対象外?総量規制の対象になる物ならない物
総量規制という制度のために年収の3分の一以上の借金ができなくなりました。しかし、銀行であれば総量規制対象外で借りることができます。
じぶん銀行のカードローンは総量規制対象外!気になった際は金融庁HPで調べよう!
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
キャッシングの総量規制について3つの重要事項
『お金借りる』とインターネット検索をした場合、総量規制対象外が勧められる理由は?
キャッシングや消費者金融カードローンの使い過ぎ防止のために総量規制が制定された!