ノンバンク系のおまとめローンとはどんなもの?昔と今では全く違う!

 

ノンバンク系のおまとめローンについて耳にすると、先ず思い浮かぶのが消費者金融系のおまとめローンです。
しかし、消費者金融の多くは、かつてはノンバンク系であったものの今では大手メガバンクのグループ企業となっています。

 

特に消費者金融で有名な『アコム』、『プロミス』、『モビット』、『レイク』などはノンバンク系ではなく、有名企業では『アイフル』だけとなっております。
そもそも、かつてノンバンクであった消費者金融の多くはグレーゾーン金利による過払い金返還請求や不祥事により、多くの会社が淘汰される結果となりました。
特に2000年代に入ってからは、過払い金返還請求により大手消費者金融が倒産する事態までに発展しています。

 

特に有名なのは、『武富士』の倒産であり、1990年代では消費者金融のトップとも言える企業でしたが、結果的に過払い金返還請求により資金繰りの悪化や歴史的な事件が発生するなど企業体質は弱体化していきました。
それと同様の多くの消費者金融が、資金繰りの悪化により大手メガバンクとの業務提携を経て、グループ傘下に収まることで企業存続を行っています。

 

今では、ノンバンク系のおまとめローンは非常に少なくなっており、金利も大手銀行と提携する消費者金融よりも高いといった点があります。
もし、おまとめローンを検討される方はノンバンク系を選択するよりも資金に余裕のある消費者金融を選ぶことが重要なポイントです。

 

万が一、過払い金が発生し、返還請求を行ったとしても会社が倒産している場合、回収困難となります。
そのため、ノンバンク系のおまとめローンは現在の日本経済を考えた場合、敢えて避けることがおすすめです。

 

パートターマーでも、おまとめローンは利用可能か?

 

複数社から借り入れがあり、また定職に着くことができず、パートやアルバイトで生計を立てている人も少なくありません。
そのような人の大きな助けとなるのが、おまとめローンですが、パートでもおまとめローンを利用することができるのでしょうか。

 

【パートタイマーでもおまとめローンは利用可能です】
おまとめローン審査は、会社や雇用形態によって審査内容が異なったり、基準が厳しくなるということはありません。
したがって、パートタイマーでも金融機関が返済可能と判断すれば、おまとめローンを利用することは可能です。

 

【パートターマーがおまとめローンを利用するためには?】
パートタイマーがおまとめローンを利用するためには、収入の安定性を示す必要があります。
具体的には勤続年数と月収が大事です。勤続年数に関しては、単発の派遣バイトばかりしている、1ヶ月や2ヶ月程度の勤続年数の場合は、審査を通過することはできないことが多く、5年程度勤続していると通過しやすいようです。
その他、健康保険に関して、国民健康保険ではなく、社会保険に加入していると審査を通過しやすいようです。
社会保険はその会社で働いている証明にもなりますし、安定した収入があることを示す資料にもなります。

 

 

関連ページ

実は総量規制対象外のカードローンやおまとめローン!仮審査でも注意が必要。
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
ゆうちょ銀行のおまとめローン!非常に利便性が高い?その理由は?
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
おまとめローンにすると返済がラクになるって本当?