実は総量規制対象外のカードローンやおまとめローン!仮審査でも注意が必要。

 

今では、総量規制対象外のカードローンやおまとめローンが非常に人気となっています。
その理由は、金利が低いことや貸金業法に定められる総量規制すなわち年収の1/3までの融資を超えないということです。
しかし、近年は大手メガバンク以外に地方銀行、そして消費者金融でもインターネット回線を利用した仮審査が可能となっています。
実は簡易審査と仮審査の2つが存在し、誤った認識で審査依頼を申し込んだ場合、審査結果や個人信用情報にも影響が残ります。
先ず、簡易審査の場合は年齢・年収・他社の借入額により、機械的にシステムが借入可否を判断します。
一方で、窓口やインターネット回線を利用した仮審査の場合、『個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書』および『反社会的勢力排除条項に対する表明または確約書』へ同意が必要となります。
このような場合、仮審査であても様々な情報機関に照会を行われる可能性が高く、他社からの借入状況を仮審査で確認される可能性があります。
その際、個人信用情報機関へ照会情報が6ヶ月間記録されることとなり、本審査の結果において、融資不可となった場合は借入が非常に困難となります。
特に、総量規制対象外のカードローンを取り扱う金融機関については、反社会的勢力への資金流入を防ぐため、仮審査でも厳しいチェックが行われる可能性があります。
そのため、仮審査と思い、様々な銀行や消費者金融の注意事項を確認しないことは大きな問題となります。

 

多重債務で苦しんでいるひとは、カードローンでおまとめしましょう。

 

多重債務で苦しんでいる人が、多重債務から抜け出す方法としては、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理をイメージする人が多いと思いますが、債務整理を行うと今後の融資やクレジットカード作成など影響がでてきます。
そこでもう1つの手段としておまとめローンがあります。ここでは銀行のおまとめローン(カードローン)についてご紹介します。

 

【銀行カードローンをおまとめローンとして利用するメリットとは?】
銀行のカードローンは、利用方法をおまとめローンだけに制限したものと、利用方法を制限していないものがあります。
一般的ですが、おまとめローンに特化したものより、利用方法を制限していないカードローンの方が、若干審査を通過しやすいと言われています。
銀行のカードローンであるため、総量規制対象外であるため、年収の3分の1以上の利用も可能です。
限度額は各銀行によって異なりますが、300万円、500万円、1000万円というものがあります。
また、銀行によって異なりますが、100万円や300万円までであれば、収入証明書の提出を不要としている銀行もあります。
加えて、消費者金融に比べて金利が低く設定されていますので、利用者にとってメリットがあります。

 

 

関連ページ

ノンバンク系のおまとめローンとはどんなもの?昔と今では全く違う!
ゆうちょ銀行のおまとめローン!非常に利便性が高い?その理由は?
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
おまとめローンにすると返済がラクになるって本当?