「ろうきん」のカードローンは、総量規制対象外?ろうきんカードローンの特徴とは?

 

総量規制って何?ろうきんカードローンは、総量規制対象外になるのか?

 

総量規制とは、貸金業者が小規模の事業主やその他個人にお金を貸す場合、年収の3分の1を超えて貸付を行ってはいけないという規制です。
例えば年収300万円の人を例にとってみると、年収の3分の1、つまり、100万円を超えるお金を借りることはできないということになるのです。
総量規制は、増え続ける多重債務者の問題に歯止めをかけるためにつくられた規制で、お金を借り過ぎて苦しむ人を減らすという目的のもとに定められました。
この総量規制に従わなければならない会社は、消費者金融や信販会社、不動産を担保とする金融業者、質屋やクレジットカード会社などの貸金業者です。
ですから、年収の3分の1の金額を超えて借り入れをしたいという場合には、総量規制対象外のカードローンを選択しなければなりません。
上記に挙げた貸金業者以外が、総量規制対象外ということになるのですが、具体的には、どのような機関のカードローンが総量規制対象外となるのでしょうか?
総量規制対象外の会社には、銀行や保険会社、証券会社や協同組織金融機関などが挙げられます。
大手の銀行ばかりでなく地方銀行やネット銀行も総量規制対象外です。また、その他、信用金庫、農協、労働金庫などのカードローンも総量規制対象外ということになります。
「ろうきん」は、中央労働金庫のサービスになりますので、「ろうきん」カードローンも総量規制対象外になるということです。

 

ろうきんカードローンはお得?その特徴とは?

 

「ろうきん(労働金庫)」は、労働組合や生活協同組合の会員となって運営されている協同組織の金融機関です。
銀行が、株式会社であるのに対して「ろうきん」は、営利を目的としない金融機関なのです。
「ろうきん」のカードローンの金利は、低く設定されていますので、利用したいと考える方も多いことでしょう。
ただ、そこで疑問なのが、組合員以外でもカードローンを利用できるのかということです。
「ろうきん」は、団体会員の構成員と生協の組合員、その家族が豊かに暮らすことを目的につくられた協同組織ですので、主な利用者は、団体会員の構成員と生協の組合員ということになりますが、団体会員や組合員以外でも利用することが可能です。
カードローンを利用する場合、中でも最も金利が低く設定されているのが団体会員で、次に組合員、そして、一般の利用者という順で金利は少しずつ上がっています。
しかし、金利の設定が、少しずつ高くなっていくとは言え、それぞれに大きな差はなく、一般利用者の最大金利でも8.475%と大変魅力的な金利設定になっています。
このように、カードローンを利用したいと考えている方にとって「ろうきん」は大変魅力的なのですが、もちろんメリットばかりではありません。
「ろうきん」のカードローン利用を考えている方の中でも、特に、急いでいるという方にはおすすめできません。
それは、貸付開始までの時間です。
「ろうきん」のカードローンには、本審査の前に、仮審査が設定されています。
ですから、他の金融機関と違い2段階で審査を受けることになるのです。
時間的には、仮審査に約1週間、本審査に約1週間の時間がかかりますので、総合すると本審査が通るまでに約2週間を要するのです。
ネット銀行やその他の銀行では、ネットを利用した即日融資も出てきていますので、そう考えると、時間的には大変ゆったりしていると言わざるを得ません。
ですから、金利の点では、一般の方であっても時間的に余裕があるという方にとってはカードローンを利用するメリットは大きいと言えますが、なるべく早く借入したいという方は、他の金融機関と比較検討して、利用されることをおすすめします。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


「ろうきん」のカードローンは、総量規制対象外?ろうきんカードローンの特徴とは?