消費者金融からお金を借りると必ず総量規制の対象になるのか?

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入を行うことを禁じる貸金法の規定です。
この規制により、むやみな借り過ぎを防ぎ、多重債務や自己破産等の問題を軽減させる効果が期待できます。

 

この総量規制の対象となるのは、消費者金融業者や信販業者からの借入のみです。
銀行からの借入は対象外です。つまり、消費者金融でお金を借りようと考えている場合には、この規制から逃れることはできません。

 

こう聞くと、どこか不便なようにも感じられる方もおられるかもしれませんが、「借りたものは必ず返してもらうことが商売の根本」というのがこの業界の大原則です。その原則に立ち返れば、返せる見込みがなくなりそうなほど借入を増やすことは、返す側、借りる側双方にとって一番避けなければいけないことなのもまた、自明の理なのです。借りたものを返すのは世の中の常識です。

 

その常識を守るための最低限の縛りだと考えれば良いでしょう。

 

そのため、年収の3分の1以上の借入を行いたい場合には、銀行のカードローンで行うしかありません。

 

多額を低金利で長期的な返済していくというのが、銀行ローンの最もスタンダードな使い方ともいえますので、必要に駆られた場合にはこちらからよく比較検討して選定していきましょう。

 

おまとめローンは総量規制の対象外になる事も

総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れを禁止して返済能力に見合った利用をさせるというのが目的の規制です。
総量規制の対象になってしまうのは消費者金融など貸金業者で利用する時は年収に見合った金額しか借りる事が出来ません。
そのため複数の業者の消費者金融に少しずつ借りてしまう事も少なくありません。
そのため借金の管理が難しくなって返済が困難になってしまう事もよくあります。
そういった事のないようにするのが借金を一つの業者にまとめてしまうおまとめローンです。

 

おまとめローンは銀行と消費者金融で利用する事が出来ます。
基本的なキャッシングは銀行の場合は総量規制の対象外ですが消費者金融の場合は総量規制の対象になってしまいます。
しかしおまとめローンの場合は例外として利用可能になる場合があります。
おまとめローンは借りる側が一方的に有利となる借り換えなのでは例外として総量規制の対象外になる場合があるのです。
しかし通常通り総量規制の対象になってしまう場合もあるので利用する前に確認しておくといいでしょう。

 

おまとめローンを利用すると利息が少なくなるので返済額を減らす事は出来ますが、借金は残ったままなので一つにまとめたからといって安心しないようにしっかり返済していきましょう。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


消費者金融からお金を借りると必ず総量規制の対象になるのか?