収入面に不安や他社の借り入れがある方も申込み可能な総量規制対象外の銀行系ローン

 

収入が少なくても申し込みが可能な銀行系カードローン

 

キャッシングには、消費者金融やクレジット会社、信販会社などの総量規制の対象となる企業から借り入れる方法や総量規制対象外の銀行系から借り入れる方法があります。
総量規制とは、賃金業法で定められている規則で、年収の1/3を超える金額を借り入れる事ができないという決まりになっていますので、年収が低い人は借入限度額が低くなりますし、専業主婦などの収入のない方は申し込みができない規則になっています。
銀行系のカードローンなどの場合には、銀行法に基づいて運営しているので総量規制対象外という事になり、借り入れる事のできる金額は年収には関係がない決まりになっています。
従って、収入面で不安な人や配偶者に安定した収入のある専業主婦の方なども申し込む事が可能になっています。
総量規制の対象には、消費者金融やクレジット会社、信販会社などからの借り入れが対象になりますが、仮にこれらの企業や他の銀行系のカードローンの借入金額の合計が年収の1/3を超えていたとしても、総量規制対象外である銀行系のカードローンであれば申し込みが可能という事になります。
ちなみに住宅ローンや自動車ローンに関しては、原則的に総量規制の対象にはなりません。
銀行系のカードローンは、収入面で不安のある方や他社での借り入れがあり申し込みに不安のある方でも申し込めるメリットがあります。

 

審査に大切な事は収入面だけではないのが銀行系カードローンの特徴

 

銀行系カードローンに申し込みができたとしても、やはり気になるのは審査基準だと思います。
銀行系のカードローンも審査という事に関しては、銀行によって違いもありますが、申し込みをした人によって当然有利な場合や不利な場合が考えられます。
総量規制対象外になっているので年収が直接的に関係がないというメリットはありますが、安定した収入が無理のない返済に繋がりますので当然収入面が審査の対象になる事は否定はできませんが、収入の大小だけでなく安定感というものが重要になるといえます。
やはり公務員の方が自営業よりも安定した職業として考えられるといえます。
その他にも住居関連では、賃貸よりも持家で住宅ローンがなければ、より無理のない返済が期待できます。
信頼度という面では、他社での借り入れがあっても、しっかりと返済ができている状態であれば問題はないのですが、返済面での延滞などがあるとやはり、信頼面での減点や無理のない返済という面でもマイナス評価につながってしまいます。
銀行系のカードローンの場合には、総量規制対象外という年収面での制約はありませんが、その分無理のない返済が可能であるかどうかが審査基準のポイントになるといえます。
もちろん審査内容に関しては、銀行によって違いもありますので一概には言えませんが、どちらにしても他社での借り入れ状況で延滞などがある事はマイナスイメージになりますので注意が必要になります。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


収入面に不安や他社の借り入れがある方も申込み可能な総量規制対象外の銀行系ローン