審査に通れば金利負担が減らせる可能性大、総量規制対象外のカードローン

 

総量規制の内容と対象となる貸金業者を知ろう

 

総量規制とは、2010年の改正によって貸金業法に新たに設けられた、貸金業者の融資に関する規制のことです。
個人の場合、年収の3分の1を超える借入ができない、という点がよく取り上げられますが、総量規制の内容はそれだけではありません。
他にも1社から50万円、複数の会社から合計で100万円を超える借入をする時には収入証明が必要などの内容が盛り込まれています。
借り過ぎを防ぐ、という消費者保護の観点から設けられた規制ですが、これによって困る人がいることも事実です。
収入がまったくない人はそもそもお金を借りることができませんし、新たな借入ができなくなった人も大勢います。
しかし、総量規制の対象が貸金業者のみに絞られている点で救いはあります。
貸金業者とは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などのことで、銀行や信用金庫などは総量規制対象外です。
つまり、既に貸金業者から年収の3分の1を超える借入をしている人であっても、銀行や信用金庫が提供するカードローンの借入は可能です。
総量規制対象外のカードローンやキャッシングは、貸金業者のそれに比べて低金利であることが多く、借入限度額も大きい傾向があります。
複数の貸金業者からの借入を1つにまとめて金利負担を減らすおまとめローンとしてもよく利用されます。

 

低金利のカードローンは審査に通らないと諦めるのは早計

 

貸金業者の金利は、利息制限法の上限ギリギリに設定されていることが多く、借入限度額が少ないほど高い金利が適用されます。
仮に3社から合計100万円借りているとすると、それぞれが18%の金利となっているでしょう。
年利18%で100万円借りているのと同じことです。
金利の低い銀行のカードローンに借り換えをすれば、金利負担を減らすことができ、さらに新たな借入も可能になります。
こう聞くと、誰でも銀行のカードローンに借り換えしたいと思うでしょうが、総量規制対象外のカードローンにも当然審査があります。
それぞれ独自の基準が設けられており、中には年収いくら以上、といった条件を付けている金融機関もあります。
既に消費者金融から多額の借入をしている人の中には、審査に通らないのではないか、とはじめから諦めている人がいます。
しかし、高金利の借入をしていて、遅れることなく返済をしているのであれば、審査に通る可能性は充分にあります。
既に返済能力を超えていて、返済が滞りがちになっている人は難しいですが、そうでなければ諦めるのは早計です。
金利や借入条件などを確認し、借り換えが可能かどうか検討してみると良いでしょう。
金利には幅がありますので、実際に適用される金利を確認することがポイントです。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


審査に通れば金利負担が減らせる可能性大、総量規制対象外のカードローン