総量規制対象外のカードローンの審査ってなにをするの?

 

総量規制とカードローン審査にはどんな関係がある?

 

年収の3分の1までしかお金を借りられないという総量規制。
これを理由に審査落ちになったという場合も当然出てきます。
カードローンの審査では属性の審査と一緒に総量規制に適合しているかも審査されます。
そのどちらかに引っかかれば、片方をクリアしていても審査は否決されてしまいます。
では、総量規制対象外のカードローンをはどうでしょうか。こちらは総量規制の審査を必要としないため、独自の基準による属性の審査だけが行われます。
銀行など総量規制対象外のカードローンをではこの審査だけが焦点になるのです。
総量規制の審査は不要なため、300万円までなら収入証明不要といった大胆な条件も提示することができます。
この総量規制の審査とカードローン独自の基準による属性審査は別個のものです。
どちらかの審査結果が良かったのでもう片方の審査にも手心が加えられる、といった性質のものではありません。
ただ、一般的にみて総量規制の制限はかなり厳しい水準にあります。
消費者保護の観点から導入された総量規制ですが、消費者金融業界などは厳しすぎると撤廃を求める動きも見せています。
総量規制の制限にかからないのであれば、独自基準による属性の審査にも通る可能性は高いでしょう。

 

総量規制対象外のカードローンには2つ審査がある

 

総量規制は貸金業法の規定なので、銀行法が適用される銀行や信用金庫のカードローンは総量規制対象外となります。
よって、これらのカードローンでは年収の3分の1をこえる借り入れが可能なのです。
ただ、銀行や信用金庫にはカードローンのノウハウがまだ少ないため、これらのカードローンには保証会社がついています。
保証会社とは銀行などから保証料を受け取り、もし利用者からの返済が滞ったときはかわりに銀行に返済を行う会社のことです。
これを代位弁済といい、代位弁済が行われるとお金を借りた人は保証会社へ返済する義務を負うことになります。
銀行や信用金庫のカードローンを利用するには、銀行、信用金庫の審査のほかにこの保証会社の審査もパスしなければなりません。
返済がきちんと行われない場合、保証会社は代位弁済をする必要があります。
そのため、適切な融資であるかどうかを保証会社自身も審査で確認しなくてはいけないのです。
こうした事情から、総量規制対象外のカードローンを利用するには2つの審査を受ける必要があります。

 

総量規制対象外のカードローンの審査基準は?

 

このように書くと、審査が2つあるぶん2倍大変ではないのか、と思われるかもしれません。
しかし、審査を受ける側としては総量規制を受けるカードローンの審査を受けるときとなんら変わりはないので安心してください。
申し込みをし、必要書類を提出したり、本人確認の電話に出るだけです。
2つの審査はむこうで勝手にやってくれるので、利用者側が特に何かしなければならない、というわけでもないのです。
また、この保証会社は実は消費者金融や信販会社が請け負っていることが多いです。
銀行や信用金庫はカードローン審査のノウハウに乏しいので、保証会社の審査に頼っているという一面があります。
保証会社を引き受けている消費者金融や信販会社は豊富な審査ノウハウを持っているので、しっかりと審査してもらえるというわけです。
銀行や信用金庫が保証会社をつけるのは、延滞のリスクをなくすとともに、審査の精度を高められるというメリットがあるからなのです。
こうした経緯から、保証会社の審査は消費者金融や信販会社の審査とほぼ同じものになります。
総量規制対象外のカードローンだからといって、何か特別な内容が調べられたりするというわけではないのです。
もちろん、カードローンの発行主体は銀行や信用金庫ですから、消費者金融や信販会社のカードローンとまったく同じ基準で審査されるというわけではありません。
しかし、総量規制対象外だからといって利用者側が身構える必要は何もない、ということになります。

 

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


総量規制対象外のカードローンはそのぶん審査が大変?