キャッシングの総量規制について3つの重要事項

 

2010年に完全施行された改正貸金業法によって総量規制が導入されました。

 

総量規制という名称を聞いたことがあるが、内容はよくわからないという人も多いですが、キャッシングの利用を検討している人にとっては総量規制は避けては通れません。
キャッシングの利用を考えている人は総量規制については少なくも3つの事項について理解しておかなければなりません。

 

一つ目には総量規制は貸金業者の融資できる金額の制限のことです。

 

具体的には例外規定を除けば、年収の三分の一以上の融資を実施することはできません。

 

法的な規制であるので、規制を違反すれば摘発される可能性があるということです。

 

それに、一社で50万円以上複数社で100万円以上の融資には収入証明書の提出を求めなければなりません。

 

二つ目にはは総量規制は貸金業法によって規制される貸金業者に適用され、銀行法によって規制される銀行には総量規制は適用されません。

 

最後に総量規制によって収入がない人は総量規制の対象である貸金業者からの借入はほぼできなくなりました。

 

キャッシングを利用したい収入のない人は銀行から借入をするか、貸金業者の総量規制の例外規定の借入を検討しなければなりません。

 

ショッピング枠は対象外?総量規制対象外は何があるか

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠において、年収の三分の一までか借りることができないという決まりがあります。

 

これは総量規制という貸金業法に書かれた法律があるためなのですが、すべての融資で総量規制の三分の一の規制が当てはまるというわけではありません。

 

総量規制には対象外と例外の規定があり、これらに当てはまれば総量規制の対象にはならないのです。

 

総量規制の対象外にならない融資ですが、これは貸金業以外の融資全般があてはまります。

 

総量規制は貸金業法にかかれている法律なので、例えば銀行は銀行法で統制されるとされているので対象外になります。

 

その他には、クレジットカードのショッピング枠は月賦販売などとおなじ扱いになるので対象外です。ただしキャッシングサービスは貸金業の許可をとって行われるので対象になります。

 

これら総量規制対象外は「総量規制算の対象にしない」融資のことです。一方で例外というのは「総量規制の計算に含めるが金融機関の裁量で融資を行っても良い」ものを指します。

 

代表的なものとしては、借り換えを目的としたおまとめローンや不動産を担保として行う不動産担保ローンです。

 

これらは総量規制に含まれますが、審査の上で総量規制を超えた金銭を貸し出しても良いと言うことになっています。

 

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


キャッシングの総量規制について3つの重要事項