キャッシングや消費者金融カードローンの使い過ぎ防止のために総量規制が制定された!

 

クレジットカードのキャッシングや消費者金融系カードローンには、貸金業法が適用され総量規制すなわち年収の1/3までの融資しか出来ないといったことが浸透しています。
この法律は、契約する立場としては希望する融資額が契約出来ないといった問題を持っていますが、実質的には債務超過すなわち債務整理を抑制するものとなります。
1990年代から2000年代前半は、銀行が貸し渋りを行い、消費者の多くは消費者金融を利用せざる負えない状況でした。
この時代、消費者金融はサラーリーマン金融すなわちサラ金と揶揄され、非常に高い金利で貸付を行い、結果としては契約者の自己破産や消費者金融の経営破綻に繋がりました。
現在では、過払い金返還請求により、経営破綻する消費者金融も増え、総量規制とは貸付側と借入側の双方を守る法律となっています。
この法律は、以前までは消費者金融による過剰な貸付や高金利を抑制するものでしたが、現在では日本経済を守る法律となっています。
基本的に、キャッシングの完済後には過払い金返還請求が生じる可能性は今では回避不可能なものとなっています。
そのため、貸付する側としては過剰な貸付を行わないことが過払い金返還請求のよるダメージを軽減することとなります。
総量規制は、貸金業者や契約者の双方にとってデメリットもありますが、実質的にはメリットも与えるものとなります。

 

アルバイトでもたくさん借りたい?総量規制対象外のローンのついて

年収によって貸付金額に規制がある総量規制でも、アルバイトやパートなどでしっかりとお金を稼いでいれば借りることは可能です。
しかし年収の規制があるので、一定の額までしか借りることができません。

 

それ以上借りたい場合は総量規制対象外のローンを利用することになります。

 

まず総量規制とは貸金業法で定められている無担保ローンにかかる規制です。
なので貸金業、つまり消費者金融などからの借り入れでなければ総量規制対処外になります。

 

有名なものとしては銀行からの借り入れや、クレジットカードのショッピング枠などです。

 

ちなみにクレジットカードでもキャッシング枠は貸金業法の管轄なので総量規制の対象になります。
また不動産などを担保に入れるローンは除外という扱いになるので、総量規制の対象になりません。

 

この中でアルバイトの方でも一番利用しやすいのは銀行のカードローンです。
銀行の中ではパートやアルバイトの利用を推奨しているところもあり、アルバイトでもある程度高額を借りられる可能性があります。

 

しかし対象外と言っても審査があるので、極端に高額を借り入れることは難しいです。
消費者金融よりも多少限度額が高くなることに期待できる程度と考えるべきでしょう。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。


キャッシングや消費者金融カードローンの使い過ぎ防止のために総量規制が制定された!